StarDust Tears

乾敏郎『感情とはそもそも何なのか』(ミネルヴァ書房)

 深見真先生のブログで知って読んだ。ってあらためてブログ見たらサラッと触れてるだけで内容はほとんど紹介されてなかった(笑。 なんで読もうと思ったんだろう。「面白かった本」とあるので、そこは深見真先生への信頼感か。先生は例の『機械カニバリズム』も読んだとのことで、さすがにいろいろ読んでるなあと感服。

サーバをリプレースした

 見てる人には関係ないが、このサイトを置いてるサーバをリプレースした。
 しばらく更新してなかったのはそのせい、と言いたいが作業は一晩で終わったのでそれはウソである(笑。 まあ下準備とかはしてたけど。

『勝手にしやがれ』

早稲田松竹

 前半は延々とジャン=ポール・ベルモンドが女の子を口説いてるだけで、『気狂い~』よりこっちが好きかも(笑。 ヒロインのパトリシアもいい。ピロウズの『パトリシア』はこのパトリシアのことなんだな。そういや来週は『ベルリン・天使の詩』もやるんだよな。

『気狂いピエロ』

早稲田松竹

 早稲田松竹は毎度土曜の朝一の回から観ることにしてるので、客が入りそうな時は(最前列真ん中の定位置を確保するために)ちょい早めに行って並んだりするのだが、いまどきゴダールなんか観に来る人どんだけおるんだ? でも早稲田松竹だしなあ、と微妙に客足が読めなくて困った。結果としては人出は大したことなかった。「去年の大ヒット作」くらいの方がわかりやすく客が多いな。俗物どもめ。
 「物販のみのお客様も並んでお待ちください」とかアナウンスしてたがそんなのおるんかい。物販いうてもパンフくらいだけど。